この地には、昔から誉田別命(ほむだわけのみこと)を祭神とする八幡社と、天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭神とする神明社の二つの神社がありましたが、明治44年に二つの神様を合祀して伊保里神社となりました。

村人の信仰心は強く、現在でも春(4月)と秋(9月)に祭礼が執り行われています。

その後は、地元を離れた皆さんの暖かい情報交換の場となっています。
(剱いおりの郷から 100m)