『伊折橋』の下に2.5m四方の大石があります。

その石の中央部は7~8㎝の濃い色が長く連なり、先端はあたかも大蛇がかま首をもたげたようになっています。

一部交差している部分があり、あたかも大蛇が二匹いるようにも見えます。

この地区の村人は「この大蛇は、水の守り神として水害からここの村々を守ってくれているに違いない」と大石をとても大切にしています。
(剱いおりの郷から 800m)