天正二年(1574年)に下田で金が発見され、最盛期には千人を超える鉱山夫が集まり賑わった地区です。
加賀藩直轄の金山として栄え、藩の財政を支えてきたこの鉱山と村の繁栄と衰退の歴史は、毎年地元の小学校の校外学習等をもって今も学び、語り継がれています。

山中に残っている坑道は現在は整備されており、中を見学することができるほか、旧村民の皆さんが保管展示されている金山坑道具や、炭窯等ご覧になることができます。

下田の手前には吊り橋がかかっており、『富山県七大河川』の一つである早月川の急流を真上から観望できます。
(剱いおりの郷から 7㎞)