中村地区東端にある巨大な立山杉です。

本来、立山杉がこの用に低地にあることは珍しく、もともとは立山の風雪から守るための杉並木でしたが、現在では、この一本を残すのみとなりました。

昭和23年1月27日に上市町教育委員会によって、天然記念物に指定されました。

 

種別 天然記念物(上市町文化財第5号)
所在 上市町中村(白萩東部校下)
所有 中村集落共有
樹齢 約550年
樹高 約35m
太さ 根回り:地上6m80㎝
地上3mで13本の枝が出て直上している